トップページ ≫ 借金返済金融監督庁の取立て規制
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済金融監督庁の取立て規制

金融監督庁の取立て規制というものがあります。

 

これは、貸金業者などが、取り立てをする際に、大声をあげたり、暴力的な行為をしたり、
脅したりすることはしてはいけないと定めているものです。

 

借主はもちろん、保証人にもそれが適用されるのですが、3人以上が借金の取り立てに
訪れるのも、借主を不安にさせることになると決められています。
さらに、自宅や勤務先で普段の生活をしているのにも関わらず、その平穏を乱すようなことも禁止事項となっています。
深夜や早朝に頻繁に電話、訪問をすることも禁止されていて、これも私生活を妨げることに
定められています。

 

張り紙も禁止されていて、さらに貸金業者が、借金返済のために、
他の金融業者にローンをするように勧めることもしてはいけないことになっています。

 

これは多重債務を引き越してしまうからということで、行ってはいけないのですが、
加えて、借金整理をするように勧めることもしてはいけません。

 

これは借金の返済ができないので、弁護士や司法書士に依頼し、法的な手続きをして
借金を返済するようにするということなのですが、こうしたことを行うように提案していくことでも行ってはいけません。

 

これらのことを賃貸業者、金融業者が守らない場合には、懲役や罰金を受けることになります。

Copyright(c) 2016 個人版民事再生にかかる費用 All Rights Reserved.