トップページ ≫ 借金返済の不当利得返還訴訟
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済の不当利得返還訴訟

借金の返済で過剰に返済したお金の返還を、金融業者に要求することができます

 

これは借金返済で、利息制限法を越えた利息で返済をしていた場合に可能となります。

 

借金返済過払い要求をしたとしても、出資法はしっかりと遵守しているということを
金融業者が言った際には、不当利得返還訴訟を起こすこともできます。

 

これはわりかし簡単なもので、個人で訴訟を起こすこともでき、弁護士や司法書士に頼らずとも行うことができます。

 

まず、訴訟を行う際には、細かい入出金の明細書が必要になります。
これは業者から取り寄せることになりますが、今までと今後の支払い義務についてしっかりと把握したいと業者にいうといいようです。

 

これには、お金を借りた年月日、借金の返済をした年月日が書かれているのですが、
これを元に利息の計算をしていきます。
違反がある際には、訴状を作り裁判所に申し立てます。これは住んでいる地域にある
裁判所になります。

 

自分で訴状を書くことが難しい場合には、司法書士事務所に相談するのもいいのですが、
自分のための書状、被告の金融機関の分、裁判所に提出する分と、訴状は3枚作成します。

 

この訴状を裁判所の民事訴訟窓口に提出するのですが、収入印紙や郵便切手を貼って提出します。
自分の主張は、後日行われる口頭弁論でするのですが、ここで和解をすることで、借金の返済で過払いした分は返還されます。

 

オルニチンサプリメント
肝臓機能の向上にオルニチンサプリメント!

Copyright(c) 2016 個人版民事再生にかかる費用 All Rights Reserved.